ハワイウォーター口コミ評判|本当に良いのか検証

私も水にはこだわっていていろいろな水を購入したりします。
当然、なんか微妙な水もありますし、美味しい水もあります。
この辺りは好き嫌いとか個人差があるとは思います。
それで今回ハワイウォーターを利用しようと思いいろいろ調べたんです。
もちろん利用しようと思っているので良い面だけでなくて悪い面も調べて書いていきます。
当然どんな商品でも良い面があれば悪い面があるわけです。
そういった両面を総合的に判断して購入を決めます。
ハワイウォーターを利用しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

ハワイウォーターの最大の特徴・メリット

ハワイウォーターの最大の特徴ってやっぱりハワイの水ってところですよね。
日本では水の汚染とか言われていたりしますからね。
そういったこともあって自然に囲まれていて、きれいなハワイの水というのが注目されているようにも思います。
多くのウォーターサーサーバーの水は日本のものですが、ハワイの水をウォーターサーバーは少ないというのもあると思います。
まあこんなことは特徴であって、これがハワイウォーターを利用するポイントにはならないですね。
じゃあ最大のポイントは何っていうと水の純度ですね。

純度99.99%

ハワイウォーターはハワイで採れた天然水をROシステムを利用して不純物を取り除くんです。
そうすることで純度99.99%の水が出来上がるんです。
不純物が少ないので赤ちゃんなどにも安心して使えるということになりますね。
ではROシステムって何なのかというとまああまり細かく知りたいことではないと思うので簡単に言うと、目が1/1000ミクロン前後という極小サイズのフィルターで不純物をほとんど通さないので純粋な水ができるということです。
さらに紫外線照射やオゾン処理により、徹底的な殺菌消毒も行うんです。
日本でこれだけ天然水を浄化しているところは私は知りません。(あるかもしれませんが)

超軟水

海外のミネラルウォーターの多くが硬水と言われています。
実際硬水が多いですね。
しかし、日本の水道水などの水は軟水なんです。
ハワイウォーターも軟水なんで日本人の舌にも合うでしょうし、ご飯を炊いたり、お茶に使ったりと料理などにも合うんです。
そこまではまあ良いのですが、軟水でも超軟水なんです。
ハワイウォーターの硬度は1.05なんです。
硬度1.05といわれてもピンと来ないかもしれませんが、東京の水道水が60ぐらいといわれていて、多くの有名なミネラルウォーターなども20以上という商品が多いです。
これだけ硬度が低い超軟水はとても少ないですね。
これはROシステムを利用した結果かなと思います。
では超軟水がなぜよいのかというところですね。

超軟水がおすすめの理由

まず軟水というのはカルシウムとマグネシウムの量によって決まります。
カルシウムとマグネシウムが少ないのが軟水です。
一見カルシウムとマグネシウムなどのミネラルが多いほうが良いように思いますが、そうではないんです。
軟水というのはそういった不純物が限りなくないのでまろやかで飲みやすいということが言えると思います。(個人差はあるでしょうが)
また、浸透性があり、吸収力があるということからお米を炊くとお米をふっくらと炊き上がるや保温時のいやなにおいも少ないと言われています。
お茶や紅茶、コーヒーなどにしようしてもコクのあり、不純物が少ないということから本来の味を引き出してくれるということが言えると思います。
人気になった理由としてやはり赤ちゃんのミルクなどに良いということがあります。
赤ちゃんの臓器はまだ完成されていないという状態です。
そういった未発達な状態に、ミネラルの多い水だと、体に負担がかかってしまうということなんです。
ですからミルクなどの水に利用するのに軟水、なかでも超軟水がよいとされているわけです。
大人でもそうですが、純度が高いということで体に負担をかけないので特に老人など体にも良いといわれています。

ハワイウォーターの駄目な部分・デメリット

ハワイウォーターに限らずウォーターサーバーによっては良い部分もあれば、悪い部分もあります。
そのデメリットが自分が利用するポイントに当てはまっていなければ問題なく使えます。
しかし、自分が重要とするポイントであった場合は保留であったり別のウォーターサーバーにすると良いと思います。

配達エリアが限定されている

ハワイウォーターの配達地域エリアが小さいんです。
本当に関東地域で千葉の多くが無理だったりするんです。
ですから確率的に多くの方が利用できないということになると思います。
配達可能エリア拡大中らしいです。

ハワイウォーターの悪評

どのウォーターサーバーでも多かれ少なかれ悪評はあります。
悪評ばっかり見ていると何も決められなくなるのでこういった声もあるということです。

到着まで時間がかかる

申し込みから到着まで時間がかかるという声が多いです。
ネットで申し込んで申込書が届いてとかやっていたら1ヶ月とかって口コミでも書いていたような…
まあ水がハワイという理由もあるんでしょうかね。

配達の人がちゃらい人が多い

配達してくれる人がちゃらい人が多いという口コミが多いです。
これって他のウォーターサーバーでも良くある口コミなんです。
対応が良かったり被害がないのであれば良いですが、対応が悪いと腹が立ちますね。

まとめ

細かな良いポイントは他にもいくつかありますが、そこまでいうと逆にどこのウォーターサーバーが良いのかわからなくなってきます。
ポイントのいくつかを抑えてそれが自分が重視するポイントでそのポイントが他のウォーターサーバーより良いのかということを考えることが良いと思いますよ。
ハワイウォーターのポイントとしてはハワイの水、ROシステム使用純度99.99、%超軟水といったところでしょうか。
よしいいなって思っても配達エリア狭いというところで利用できない人が多いかもしれませんからそこがとても残念です。
あとは価格ですね。

価格はどうなの

5ガロン(18.9リットル)が2,205円でサーバーレンタル料月600円です。
ハワイウォーターっていうからハワイの水ですから輸入しているわけです。
輸送費とか考えたら高くなるのではと思うかもしれませんが、意外に安いのかなと思っています。
国内の天然水で安いものなら12リットルで1000円ぐらいのものもあったり、
人気のある天然水とかは12リットル2000円ぐらいするのでサーバーレンタル料を含めてもそれほど高くないかなと思っています。

ハワイウォーターを購入するならどこ


ハワイウォーターもいくつかの会社が販売しています。
どこで購入するのかは人それぞれだとは思いますが、やはり特典(キャンペーン)で比較するのが良いのではないでしょうか。
会社によって特典が違いますからお得だなと思うところを利用するのが良いのではないでしょうか。
あとはサービスなどですね。
ハワイウォーターは株式会社トーエル(ハワイのおいしいお水 )や株式会社楽楽エージェント(ハワイ産ピュアウォーターのウォーターサーバー)などが販売しているのでいろいろ比較してみてみてはどうでしょうか。


今水で注目されている水素水について紹介しています。